木もれ陽散歩道 幸福実現党立党の趣旨
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1.立党の趣旨
 現在、日本は、「世界のリーダーとしての使命」を果たすべき時代を迎えています。国際紛争が頻発する中、私たちは、その背景に宗教間の不信や対立があることを理解し、日本が主体となって、多様な価値観が共存する宗教融和と世界平和のモデルを提示していかなければならないと考えます。現に、日本は宗教的寛容の精神の下、宗教が共存共栄し、人々が幸福を享受した歴史を有しています。こうした自由と寛容の精神に基づく平和を世界レベルで実現していくことこそ、「大国日本の使命」です。

 日本は明治維新以降、国体を大きく変化させ、西洋諸国のモデルを取り入れ、国民の一致団結した不断の努力により、世界の大国としての責任を担える経済成長を果たしました。その反面、植民地憲法の下、宗教が社会的に排除され、唯物論や無神論が浸透する中、政治や教育、家庭において善悪の価値観や正義が失われ、いじめや自殺、犯罪等が増大しています。さらに、アジア情勢が緊迫する中、国防においては主権国家としての手足が縛られ、国民の生命・財産・安全が危機にさらされています。

 こうした危急存亡の秋にあって、国家の危機に真正面から立ち向かい、国民の幸福を実現していく政治勢力は見当たらず、国民に政治不信と失望が広がっています。私たちは、人類の未来に対して勇気を持って行動する責任政党として、日本と世界の人々の具体的幸福を実現すべく、ここに立党を宣言します。

幸福実現党HPの中の綱領《立党の趣旨》より

赤字アンダーラインは私です。日本人のみならず、世界人類の幸福実現を目指していると書かれています。
やはり宗教政党だからだと思いますが、一国の政党がここまでの思いを綱領に掲げること自体珍しいことだと思います。
私は宗教にアレルギーがない方なので(オウムや統一教会などは別です)、これだけのことを本気で言い切っている政党が現れたことにかなり期待を寄せています。

私自身、去年の暮れから今年に入ってからの自民・公明党や民主党の動き発言を見ていて第三の政党が現れなければこの国の政治は持たないと感じていたからです。
それで渡辺喜美議員の離党騒動などを見た時はもしかしたら自民や民主から離れた人達が中心になって第三の政党を立ち上げるのかと様子を見ていたのですが、案外こじんまりまとまってしまったのでちょっとがっかりしていました。

そこへ今回の既存の政党とは全く違うカラ―を持った幸福実現党立党の話が出て来たのでびっくりしつつも喜んだのです。
党の掲げる政策も党の性質上宗教色は拭えないものの、至極まっとうであると思います。
幸福の科学と言う支持母体がありますが、政党は政党として賛同者は会と関係なく協力できるようなので出来たら党員になってみたいとも思いましたが、募集はまだ準備段階のようです。

立党の趣旨全文

☆幸福実現党ロゴ
logo.jpg










Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/301-b50c579e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。