木もれ陽散歩道 韓国従軍慰安婦の大嘘
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西洋的な植民地なら植民地からの搾取が当然だった頃、
北朝鮮を含めて韓国は日本の植民地だったけれど、朝鮮半島の維持コストに日本の持ち出しかなりの額に上ったと言われる。
現地人=奴隷的な西洋的植民地では考えられないことだろう。

日韓基本条約に基づいて
日本から韓国に対して、経済援助結果、韓国の日本より立派な高速道路等のインフラは整えられ韓国経済は発展した。
それは日本人の経済力というベースがあってはじめて可能だったことだ。
その経済援助の中に従軍慰安婦への補償も全て含まれていると見ていい。

今、韓国政府はアメリカに働きかけて数多くの従軍慰安婦の少女像を立てているけれど
事実は韓国人の慰安婦は日本の植民地だった頃、経済的にも潤っていて
日本人のお客さんは上客と考えられていたことがわかっている。
少女の従軍慰安婦の像は大嘘と言える。

それでもまだ事実だとくのを上げて言い切るのなら
日韓基本条約を反故にして構わない。
その代わりに基本条約に沿って行った経済援助分のお金を韓国は日本に返すべきだろう。

大半は虚偽に基づいて日本から巻き上げたお金なのだから
韓国が自己正当化することは許されない。

アメリカが絡むのであまり表沙汰に出にいのかもしれないが
ベトナム戦争で参戦した韓国軍は数多くのベトナム人を虐殺した
ベトナム人女性もたくさんレイプされた

韓国人がベトナムでした残虐行為より勝る日本人の悪行といえるものが歴史的事実としてあると言えるのだろうか。
数多くの虚飾に満ちた韓国の歴史認識を正そうとすることさえ修正主義と片付けられるのならば、
真実を明らかにすろことも不可能になるだろう。
Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/1513-ce352f48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。