木もれ陽散歩道 マイナンバー制は自由主義の死
FC2ブログ
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自民党政権がマイナンバー制を閣議決定した。マイナンバー制は一人だけの特別な番号に感じる耳障りの良さを感じる名称だけれど、
旧称は国民総背番号制という。
国民総背番号制のままでは言葉の印象が悪く国民に警戒心を与えるから民主党政権当時に名称を変更した経緯がある。
民主党が国民総背番号制の導入に熱心だったのは、マイナンバー制と名称を変えた国民総背番号制が、
国民全員に番号が割り振られ国民を完全に管理下に置くための官僚主導による左翼政策だったからだ。
その証拠に国民総背番号制を導入している国はいずれも社会主義の国か極端に左傾化の進んだ国ばかりだ。

マイナンバー制度すなわち国民総背番号制度を閣議決定した安倍内閣は、保守タカ派に見せかけた隠れ左翼政権だと言える。


国民は日本が自由主義の国だと信じていたのに、気がつくと民主党政権を経て社会主義国としての完成を見ようとしている。
安倍ノミクスは今のままだとおそらく失敗に帰すと思われる。国民の豊かさあっての国の繁栄なのに、経済政策潰しと徹底的な国民の管理者会が
同時進行してどうして国の繁栄を実現できるのかと思う。

国民総背番号制による徹底的な管理者会には豊かさはない。
国による国民の個人資産の管理は私有財産の否定につながり、私有財産を保障している憲法にも違反している。

国民は知らないうちに、マイナンバー制で受けられる様々なサービス以上の自由を国民は失うことになるだろうそれはそのまま資本主義とともに自由主義の死につながるのだと思う。


マイナンバーはそのナンバー一つで個人を特定できる情報を含んでいる。ただの数字の羅列ではない。
だとしたら個人情報保護法に矛盾するのではないか?
Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/1502-959efdca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。