木もれ陽散歩道 日本は右傾化して中道へ
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米有力紙、一面で「日本が右傾化

TBS系(JNN) 9月22日(土)12時27分配信 

アメリカの有力紙「ワシントンポスト」は尖閣諸島をめぐる中国との領有権争いなどを受け、「日本が右傾化している」と題する記事を一面に掲載しました。

この中で、ワシントンポストは「日本は徐々にだが右傾化への重要な変化の途上にある」としたうえで、「こうした変化が日本の外交安全保障政策に厳密にあてはまる」と指摘しました。その上で、日本国内の安全保障問題への関心の高まり、自衛隊の役割強化や憲法改正へ向けた動きなどを詳しく紹介する一方、「こうした変化は日本が中道路線へ向け動き始めただけのこと」とする日本の専門家の意見もあわせて掲載しています。

 アメリカの有力紙が日本の内政関連の記事を一面で掲載するのは珍しいことで、日本の世論の変化に対するアメリカの関心の高さを表わしたものといえます。(22日07:34).最終更新:9月22日(土)18時34分



この記事には
左傾化しすぎた日本がまともな主権国家といて軌道修してくれることへの願いが感じられる。

一方日本人の立場として、
再選の決まった日本の民主党のだ政権がどれくらい日本の国益のために仕事をしてくれるかの
疑問がある。
なんといっても野田は消費税増税を決めた男だ。
そして尖閣諸島の騒動を大きくする方向に決定を下した男だ。
左翼の民主党政権がようやく右傾化して中道を目指してくれると安心していたら
足元をすくわれかねない危険性を常に孕んでいる。

なんといっても民主党は国民の人気取りから選ばれたポピュリズム政権なのだ。
そして民主党政権は軍事・外交が徹底的に弱い。
その方面ではして欲しいことを全くしてこなかった政党だ。
その結果が尖閣諸島に集約されている。

本当に日本を国を守れるまともな主権国家にするためには、
民主党でも自民党でも、維新の会でもないポピュリズムに走らない、
真正の保守政党を選択する必要があるだろう。
Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/1482-9de8d0a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。