木もれ陽散歩道 反基地・反原発デモの本質は左翼による闘争
FC2ブログ
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発デモ:国会議事堂を包囲
毎日新聞 2012年07月29日 20時54分(最終更新 07月30日 00時59分)


「脱原発」を訴える大規模なデモ行進が29日、東京都千代田区の日比谷公園を発着点に行われた。猛暑の中、子供からお年寄りまで幅広い年齢層が参加(主催者発表20万人警察調べ1万数千人)。「再稼働反対」「原発やめろ」と声を上げ、行進後は永田町に移動し、国会議事堂を取り囲んだ。

 毎週金曜日に首相官邸前での抗議行動を呼びかけている市民ネットワーク「首都圏反原発連合」が主催。今年3月11日に続くデモで、人々は午後4時ごろから、東京電力本店前など約1.6キロを練り歩いた。

 午後7時には国会議事堂の周囲約1.3キロを包囲。学生仲間と参加した早稲田大4年の谷口典英さん(25)は「(東京電力福島第1原発の事故の)避難者の生活を無視して、原発を再稼働するのはおかしい」と話した。

 高校時代に学生運動に加わった東京都国立市の古川美栄さん(61)は40年ぶりのデモ参加。「あの頃は若いなりに『世の中を変えたい』と思っていた。このデモには老若男女、多様な人たちが自由に何の制約もなく参加している。今の日本も捨てたもんじゃない」と声を弾ませた。  


20万人の労働者人民が7・29国会前を解放区に
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/07/post-1676.html

首相、脱原発の代表と面会へ 抗議拡大で焦り
 
野田佳彦首相は、脱原発を求めて毎週金曜夕に官邸前で抗議行動を呼び掛けている「首都圏反原発連合」を代表するメンバーと会う意向を固めた。
来週の方向で調整する。これまで面会には消極的だったが、「脱原発デモ」の広がりに危機感を強め姿勢の転換を余儀なくされた。
ただ関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働など原発政策の政府方針は変えず、理解を要請する考えだ。政府関係者が1日、明らかにした。

2012/8/2付中国新聞抜粋


国会を包囲した7.29脱原発デモは主催者発表で参加者数20万人を数えたという。
しかし警察発表によれば実際は1万数千人でしかない。

7.20のデモの際も報道では同様に20万と言う数字が躍っていた。その時でも警察の発表で7万5千人。
明らかにデモ参加者の人数は、主催者による虚飾に満ちた数字だ。
しかも前回7万5千人に対して、今回1万数1千人と言う参加者数は間違いなく激減している。
それでも主催者は20万人と言う数字を使った。何と言う欺瞞。

脱原発の主催者の意図している人数は、おそらく50万人超。それが実数でなくても構わない。
要はマスコミにその人数を触れさせればいいのだ。

現実には7万と言う数字さえも興味本位で参加した人達が数字を膨らませたに過ぎない。
それだけ今の日本には抑圧されたストレスを抱えている人々が多いということなのだろう。
だから参加したら発散して満足した。それで数が減った。
また参加するかもしれないが、決して特定のイデオロギーに染まってしまったわけではない。

デモ参加者の人数が順調にエスカレートしていくなどと言うのはあり得ないことだ。

だから主催者はデモの人数が減っても平気で水増しして嘘をつく。
いつまでもそんなウソにつきあってくれるほど日本人は愚かではない。
マスコミが付き合ってくれても、いずれ真実は白日のもとに曝されるだろう。

脱原発デモに参加した高校時代に学生運動に参加した経験を持つという女性は、
いろんな人が参加しているのを見て「日本も捨てたものじゃない」と声を弾ませていたという。
40年前の左翼はソ連の崩壊を経ても変わらず左翼だ。

学生運動という左翼活動はかつて保守の勢力で徹底的に叩かれ失敗に帰した。
今の左傾化した社会の中で夢をもう一度と、日本国民全体を左翼思想の渦に引きずり込もうとしている。
近年の反政府デモ活動の多くは、左翼闘争の再来に過ぎない。

デモの幟を見れば左翼のデモか保守のデモかおそらく分かるだろう。
あるデモのHPを一例に挙げる。
見出しの中に「人民」「解放区」と言う言葉が躍る。それを見れば左翼の本質がよく分かる。

左翼思想は「皆平等貧乏思想」を国民に求める。脱原発が実現すれば経済力は衰退し国民は皆貧乏になる。
消費税増税も「皆平等」の思想でなり立つ。脱原発の主催者代表と話し合おうとする民主党の総理大臣野田の思想は同じ左翼思想だ。
左翼と左翼が話し合って導き出される答えは左翼思だ。
闘これ以上闘争を繰り返しても日本と言う国が弱体化するだけだ。
大切なのは日本を繁栄させるビジョンであり、世界を繁栄させるビジョンだ

Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/1464-5ae32398
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。