木もれ陽散歩道 これは言論封殺ではないのか---電力社員除外の政策聴取会---自由主義的民主主義の死
FC2ブログ
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力社員の発言なし=「やらせ」批判受け―大阪・札幌で政策聴取会時事通信 7月22日(日)19時0分配信
 政府は22日、将来のエネルギー政策に関する意見聴取会を大阪、札幌両市で開いた。「やらせ」批判を受け、政府が電力会社や関連会社の社員による意見表明を認めない方針を打ち出した後に初めて開かれた聴取会で、いずれも電力会社の社員を名乗る参加者の発言はなかった。
 大阪市の聴取会では、脱原発を求める立場から「放射能汚染は残酷で悲惨で悲劇的だ」(兵庫県の会社員)との意見が出た。一方、原発推進の主張の中には「不確実性の高い再生可能エネルギーに国民生活や企業活動を委ねるのはむちゃだ」(同県の自営業者)との声もあった。
 大阪市の場合、無作為で抽出した代表者12人の中に当初、関西電力社員と関連会社社員OBが計3人含まれていたため、辞退してもらったという。
 一方、札幌市の聴取会では、11人の代表者が意見を表明。このうち長野県在住の30代の男性が、2030年の原発比率を15%にすべきとの立場から意見を述べた際には、参加者から「やらせじゃないのか」などと怒号が飛び交った。出席していた枝野幸男経済産業相がとりなし、その場を収めた。
 
.


やらせ」と野次を飛ばした連中は、自分が電力会社の社員だったらどうする。
おそらく今度はおなじ立場でやらせと野次を飛ばすだけだろう。
だから私は左翼は大嫌いだ。
今の日本は保守の発言の場を極端に減らされている。
その中で生死堂々t電欲会社の社員と名乗って自分の意見を述べた人は勇気ある人だと思う。
様々な意見の人がいて、その意見を聴いてこそ自由主義的民主主義は守られる。
敢えて自由主義と付けたのは、北朝鮮の独裁政治も民主主義の産物だしヒトラーも民主主義の中から登場してきたからだ。
だから左翼で染まった今の民主党政治も民主主義で選ばれた野は真以外ない事実に他ならない。
しかし電力会社の社員の公的な場所での発言を取り上げることは憲法に違反しているのではないか。
政府がそれを主導しては言論封殺になる。
それがなされた以上、これからは容易に言論の封殺が起こると言える。
としたら
やらせ」と騒いだ人達は確実に左翼の扇動者だろう。
それを正当化したマスコミは間違いなく左翼支配の手に渡っていると言わざるを得ない。
オスプレイ配備反対の件も冷静に見れば真逆の答えが出るかもしれないのだ。
正しい報道はされていないのだから。
Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/1454-8e143a51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。