木もれ陽散歩道 勇気ある中部電力の社員にエールを送りたい
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中電課長「個人として」訴え…意見聴取会が紛糾
 中長期的なエネルギー政策に関する政府主催の意見聴取会が16日、名古屋市で開かれ、2030年の原発依存度として政府が示した「0%」「15%」「20~25%」の3案に対し、それぞれを支持する立場の計9人が意見表明した。


 ただ、発言者の中に中部電力社員らが含まれていたことから、一部の参加者が反発、議事が中断する場面もあった。

 聴取会はさいたま、仙台両市に次ぐ3回目。応募者計352人の中で意見表明を希望した161人から、抽選で120人が選ばれ、このうち86人が実際に参加。意見表明の希望者の内訳は、0%案106人、15%案18人、20~25%案37人。各案の支持者から3人ずつがさらに抽選で選ばれたが、20~25%案の3人のうち、1人は中電原子力部の男性課長(46)、もう1人は日本原子力研究開発機構東濃地科学センターの男性職員だった。

 中電の課長は「中部電下線文力社員です。個人として意見を述べたい」とした上で、「福島原発事故では放射能の直接的な影響で死亡した人はいない。5年、10年たっても状況は変わらない」と原発の必要性を訴えた。
(2012年7月17日02時27分 読売新聞)

「個人として来た」と前置きし「福島第1原発事故で、放射能の直接的影響で亡くなった人は一人もいない。今後5年、10年で変わらない」と持論を展開、
会場からは反発する傍聴者の怒声も飛んだ。7月17日付中国新聞より


聴衆の中から、「嘘つき」の野次。何処が嘘なのかこれは真実。
野次を飛ばしたのは世論扇動のプロの左翼か?
だとしたらこれこそやらせだ。
 



公正な抽選で選ばれた応募者の中に電力会社の社員が含まれていたとしても、彼らには十分な発言権がある。
それを問題視して応募に制限を加えようとすることは民主主義の原則に反するだろう。
でなければ「やらせ」と騒ぐ、おそらくプロの左翼と思われる連中こそどのような経緯で選ばれたのだというのだろう。
むしろ深層化で反原発を維持していると主わえる民主党政府と選ばれた左翼主義者たちこそグルではないのだろうか?

抽選が公正ならば当然電力会社の社員藻選ばれてしかるべきだし、発言が許されて当たり前だろう。
そこに発言できないように手を加えることはすでに民主主義ではない。
公正な抽選が行われれば何十回抽選しても電力会社の社員が選ばれる可能性はゼロにはならない。

中部電力の社員は身分を明かして発言している。そこに「やらせ」と言う表現は不適切だ。
彼は一個人のして真実を述べたに過ぎない。例え中部電力の課長だとしても発言権は与えてこそ民主主義だろう。
でなければ意見聴取会は反原発デモの続きに過ぎなくなる。
真実の主張の場を民主主義を犠牲にしてまで茶番を続ける必要があるのだろうか?
国益のためにも、真実を主張した中部電力の社員の勇気にエールを送りたい。
Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/1450-56f7387c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。