木もれ陽散歩道 左翼思想を捨て神仏への信仰をとれ
FC2ブログ
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思想として信仰の自由を保証されていなければ真実の自由主義とは言えない.
左翼思想が宗教を敵視し規制し、あるいは禁止しようとするのは、宗教が自由主義の象徴だからだ。
左翼洗脳教育を受けなければ、人間は自然に神、仏を信じる方向に向かう。
世界が宗教に溢れているのを見ても神仏を否定する左翼思想の方がよjほど不自然だ。
左翼思想の社会は最終的に完全管理社会を目指す。人間の自由を奪い、人間性を奪う社会だ。
子供手当やエコカー減税エコポイントなどによって国民はすでに経済面で国民は管理され支配されている。
国民総背番号が導入されてしまうとさらに管理が強化されていくだろう。
個人んの思想面での管理も容易になるからだ。ネットの規制強化はその先駆けに過ぎない。
一見利便性が増すかのように見えるものの中には数多くの国民の自由を縛る手立てが潜んでいる。
自由主義に一番大切なのは、自己責任。自由主義は自由放任ではない。
左翼思想の一番の問題点は自己責任・自助努力、切磋琢磨の放棄だ。
自分の責任を感じないから何でも人のせいにする。人任せにするほど楽なことはない。
その代り組織の責任は逆に個人の責任で済ませようとする。民主党政権を見ればよく分かる。

結果として管理しやすい国が出来る。

国民一人一人に自己責任・自助努力の精神があれば、左翼思想は育たない。
この国の左翼は何十年もかけてそれを潰してきた。
神仏も自己責任と自助努力を求める。信仰はそれを前提としている。
他力の宗教さえもまず個人の努力があって届かなければ救いがある。それが基本だ。
だから左翼思想は自助努力を求める神仏を否定し、神仏を敵視する。それが世界中で一番よく広まったのがこの日本。
宗教は決していかがわしいものではない。いかがわしいイメージを作り上げたのが左翼思想。本当は真逆。
努力せずに結果を得ようとするほどいかがわしい思想はない。
神仏とあの世を信じて損をする人はいない。それを否定して生きる方が虚しい。
死んですべてがなくなるというのは責任をとりたくない左翼の理屈、責任の放棄に過ぎない。
あの世はそんなに甘くはない。死んでからも責任は取らされる。

良い行いをすればよい果実が実り、悪い行いをすれば悪い果実が実る。それが「縁起の理法」。
その果実は自身で刈り取らなければ名rない。
だから天国も地獄も存在する。

自己責任の精神があってこそはじめて世の中がよくなる。
責任を持つべき政治家や官僚が責任から逃げているからこそ世の中がおかしくなった。
左翼思想を捨て去てて一日も早く本来の信仰を取り戻さなければならない。
日本を正常な世の中に戻すためにはそれがどうしても必要だ。
Secret

TrackBackURL
→http://kusminblog.blog116.fc2.com/tb.php/1441-9f77c82f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。