木もれ陽散歩道 2013年07月
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の戦争は、アジア各国の植民地支配を終わらせヨーロッパを覆うとしていたヒトラーの野望も終わらせた。
スポンサーサイト
韓国大統領の行動を見ていると、日本を敵視し孤立させようとしているようにしか見えない。
米中に歴史認識で韓国側の立場に理解を求め、日本が悪いと断罪する。
北朝鮮とも手を組もうとしている。
これでは誰が的だかわからない。

ただ一方的に言わせておいてはいけないと思う。
従軍慰安婦もきちんと検証すればこれほどデタラメな言いがかりはない。
韓国が英雄と呼ぶ安重根の伊藤博文公暗殺もその背景をきちんと踏まえれば単なるテロ行為でしかない。

本来他国の理解を得られる行動ではない。

それどころか安重根の行為こそ日本による韓国併合を決定的付ける動機になっている以上、
安重根は本来、韓国人にとっても英雄と呼ぶに値しないただの人殺しに過ぎない。

それでも韓国の女性大統領は、伊藤博文公暗殺の地に安重根記念館を立てて欲しいとお願いした。
その時点でもはや韓国は共産中国の属国となり果てた。韓国大統領の行為はまさしく売国行為だ。

それは韓国併合よりずっと以前から中国に対して朝鮮が続けてきた臣従行動にほかならない。
そしていつもアジアの危機を深刻化させてきたのが朝鮮という国家だ。
今再び歴史を繰り返すつもりなのだろうか?
いつまでたっても独り立ちできない韓国や北朝鮮はいつになったら一人前の国家になるのだろうか。
日本もまた左傾化の進んだ中で同様の危機を迎えている。

中韓北に引きずられたままではアジアの安定的平和は訪れない。

いつまでも言いたい放題させてはいけない。
したいようにさせてはいけない。
きちんとした言葉と行動で彼らの行為を押しとどめるときが来ている。
s会をきちんと納得させることができれば必ず中韓北を沈黙させることができるだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。