木もれ陽散歩道 2013年01月
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バブルの時代、たくさんの日本人は豊かだった。
時には私のようにバブルと縁遠い仕事をしている者でも、バブルの恩恵を受けた事は紛れもない事実だ。
コツコツ貯めれば、お金は確実に増えた。しかしバブルを引き起こしたインフレを憎んだ時の官僚、
政治家達がインフレ潰しの策に出た。結果、国民の豊かさは大きく失われることになった。
それ以来日本の国民はデフレにって苦しむことになる。
最近ようやくデフレを脱却し経済をインフレに向かわせようとする動きが出て来たけれど
同時にマスコミ等によるインフレのネガティブ報道も頻繁に見かけるようになった。
消費税の引き上げがマスコミの利益になる密約の噂が在るように、インフレを抑える事でマスコミの利益になる事があるらしい。
政治を見ても減税を唱える反面、必ずそれを帳消しにする政策を差し込んでくる。

消費税の引き上げも見直しにならない。
タイムスケジュールは動いたままだ。

これではプラスマイナスゼロどころか、むしろマイナスしか残らない。

この国の不思議は、国民が豊かになれば国の富が潤うのに権力にある側は、
国民の富を失わせてでも国民を貧しくさせようと努力し続けていることだ。

けれども国民を豊かにするためには適度のインフレがどうしても必要だ。
国の主な財源が国民の税金である以上、国民が豊かになる事こそ国の税収を増やし国の繁栄につながる。
国民を敢えて貧しさの中に置き、国がその面倒をみるために重い税負担を課すのは、国民のあるべき姿と真逆のの発想だ。
そうしたことに思い至らず、自らの業界の利益のみを追いかけ、情報を操作し統制して国民を真逆の方向に導こうとするのなら
マスコミもまた淘汰されいくに違いないだろう。

国の富が衰えているというのなら、
何故、役人は利益を生み出そうとしないのだろう?
それはやはり予算が単年度では利益の概念が必要ないからだろうか?ならば予算を複年式にして繰り越せばいい。
単年度予算の必要性は毎年度の税収を得るためにある。もう一つは税収で国民を税収でコントロールしやすいからだ。
繰り越しが必要になれば、そこに利益の概念が生まれる。単年度式予算では赤字しか生まない。
一年の中で厖大な予算が要求さっれるのはおそらく単年度式予算の弊害だろう。

予算として血税をより多く搾取したものが出世できると言う意識は単年度予算があるからだ。
予算に毎年の繰り越しが要求されるようになると、役人の意識も変わらざるを得ない。
当然、税金で生活している地方・国会議員の意識も変わるだろう。

余裕のできた税金はより重要なインフラ等の整備に重点的に投入できるようになるし、国をより発展させる基になる。
繁栄を求めてより発展を望めば必然的に行政の質やスピードは上がらざるを得ないだろう。

そうなれば国民の豊かさと共に国の豊かさの相乗効果が生まれ日本がいよいよ大発展・大繁栄して行くことになる。
それを実現するためには、いかに常識に囚われずに意識を変革をすることが出来るかが鍵となることだろう。
そうすれば日本の繁栄は他国を巻き込んで波及し、やがて地球全体の繁栄につながって行くに違いない
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。