木もれ陽散歩道 2011年10月
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安というものは、
本来できるはずのこともできなくするほど、
かなりの強さのマイナスパワーなのです。

          「大丈夫!うまくいくから」幻冬舎 浅見帆帆子



マスコミも多くの人々の不安を煽りたてます。
そうしたマイナスのパワーを強めていけば、
世の中におかしな事件・事故が増えていくのも当然しょう。
マイナスパワーはプラスのパワーを簡単に打ち消して行く出来るほど、
強い力を持っているのです。
それでも小さなプラスのパワーを積み上げていけば、
一つの大きな力になります。そこから小さな幸福感が生まれます。
小さな幸福感が積み重なっていけばやがて翁幸福感につながっていくのです。
一人でも多くの人が幸福を実感できる社会になることを
強く願っています。

スポンサーサイト
そう心がけていて言い忘れてしまったり、
「ちょっと気持ちよく言えないな」と思うことがあるからです。
そういう時は、たいてい無駄遣いです。

中略
いってらっしゃい」「おかえりなさい」と言うクセをつけておくと、
無駄遣いかどうかを判断する目印になり、
また同時にストッパーの役割も果たしてくれるのです。
        
            「稼ぐ人は なぜ、長財布を使うのか?」 亀田潤一郎 サンマーク出版

お金の扱いは決るしてぞんざいにしてはいけません。
なぜならお金は循環するものであり、いずれ再び戻って来るものだからです。
そのときさらに豊かになって戻ってくるかどうかは自分のお金に対する接し方次第だと思うのです。
お金を粗末に扱えば豊かさは離れて行ってしまうでしょう。
お金を人格を持った存在として丁寧に扱えばいずれたくさんの友達を連れて返ってきてくれるのです。

菅前首相、お遍路再開 (読売新聞)

菅直人前首相が、2004年に始めた四国霊場八十八か所巡りを約3年ぶりに再開させ、3日午前、愛媛県今治市の五十四番札所・ 延命寺 ( えんめいじ ) 、五十五番札所・ 南光坊 ( なんこうぼう ) を巡った。

 菅前首相は民主党代表だった04年5月、小泉内閣閣僚の国民年金未加入・未納問題を追及していた際、自身にも未加入期間があることがわかり、代表を辞任。「一度立ち止まって自分自身を見つめ直す」と頭を丸め、同年7月、徳島県の一番札所を出発し、08年までに松山市の五十三番札所・ 円明寺 ( えんみょうじ ) まで到達していた。

 今月2日に同寺を出発した菅前首相はつえを持つお遍路姿で、SPが同行しながらの“一人旅”。国会閉会に合わせて再開したといい、「一日も早い震災の復旧・復興を祈り、歩いています」と神妙な顔つきで述べた。9日までには香川県入りを目指すという。




[ 2011年10月3日12時15分 ]
2011.10.03 願い
人々健康豊かさのために
役に立つ仕事がしたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。