木もれ陽散歩道 2010年11月
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自国の領土を他国に侵食されているのに、国民の知るべき情報は未だにネットに流出したビデオ映像のみだ。
民主党菅政権は結局漁船衝突の事実をうやむやに済ませようとしている。
中国漁船衝突の違法性を国民の知るところになってしまったのにも関わらずでだ。
それどころか流出させた海保職員は気密性がほとんどなくなったビデオ映像を流出させたカドで重要犯罪人の扱いを受けたままである。
検察が逮捕身を繰りを決めた後も仙谷シ官房長官はその姿勢を崩していない。
彼には無理やりにでも逮捕の口実を作り上げたい意図が感じられるように思える。
このような社会が果たして真の自由主義国家と言えるのかどうか極めて疑問だ。
むしろ国民の知る権利を無視し、適正な捜査を打ち切らせ罪人である中国人船長を釈放させた仙谷こそが罪に問われるべきではないだろうか。
国防に十分な関心を向けない民主党政権は、政権の就いてから国益をどれほど損ね続けてきていることか。

これは間違いなく国家による犯罪だ。
国民の安全を常に脅かされつずけている現状は覇権国家中国による属国化の危険性は決して絵空事ではなくなってきている。
国民がもっと政治に関心を向けなければ、民主党による国家の滅びは現実味を帯びつつあると言えるだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。