木もれ陽散歩道 夢の未来へ
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.10 神経再生

ハイブリッド人工神経が傷治す…マウス実験成功
読売新聞 5月10日(火)7時8分配信

 様々な組織の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)と、高分子化合物製のチューブとを組み合わせた「ハイブリッド(複合)型人工神経」で、マウスの脚の神経線維を再生させることに、大阪市立大の中村博亮教授と奈良県立医科大の筏(いかだ)義人教授らが成功した。

 けがや病気で傷ついた手足の神経の新たな治療法として期待される。

 手術用縫合糸の材料になる高分子化合物を加工、表面は頑丈で内側はスポンジ状の2層構造のチューブ(直径2ミリ)を作製。スポンジ層にマウスのiPS細胞から作った神経系細胞を染み込ませた。

 後ろ脚の神経が5ミリ欠損したマウスに、この人工神経を移植したところ、3か月後には生活にほとんど影響がないまでに歩行能力が改善した。スポンジ層に神経系細胞を染み込ませなかった場合は回復しにくく、何も移植しないと脚がまひしたままだった。 .最終更新:5月10日(火)7時8分

スポンサーサイト
2010.09.03 TiPS細胞
少し前のニュースですが・・・・・

〈iPS細胞〉慶大チーム、血中のリンパ球から作成に成功
2010年07月02日(金) (毎日新聞)
血液の中にあるリンパ球の一種、T細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り出すことに、福田恵一・慶応大教授(循環器内科)らが世界で初めて成功した。0.1ミリリットルの血液から従来の約3分の1の期間で作成できるほか、iPS細胞の遺伝子も傷つけないため、従来より簡単、安全な作成方法という。
2日、米科学誌「セル・ステムセル」で発表した。
iPS細胞は当初、皮膚細胞に4種の遺伝子を組み込み作られた。
4遺伝子の運び役にはレトロウイルスを使ったが、このウイルスは皮膚細胞の核の中に4遺伝子を組み込み発現させる。
このため、元の細胞の遺伝情報が傷つけられiPS細胞ががん化する危険が指摘されたほか、皮膚細胞を取る時に肌に小さな傷をつける問題もあった。
新手法は、採血した血液中のT細胞を特殊な方法で活性化させつつ培養。
活性化T細胞によく感染する「センダイウイルス」を4遺伝子の運び役に採用した。
センダイウイルスは核に入らず、細胞質で4遺伝子を発現させるため、T細胞の遺伝情報は無傷となる。活性化T細胞は増殖が速いため、従来は皮膚採取からiPS細胞の完成まで約70日かかったのに、新手法では約25日で済んだ。
研究チームは完成した細胞を「TiPS(ティップス)細胞」と命名。
TiPS細胞は他種類の細胞への分化など従来のiPS細胞と同じ能力を持つことが確認された。
福田教授は「採血だけでiPS細胞が迅速に作れ、がん化の危険も少ない」と話している。
 


 私は再生臓器がごく当たり前に移植に使われる日が一日も早く来ることを強く望みます。
それはやはり、脳死を人の死とした今の脳死移植の考えが間違っていると思うからです。
特に本人の意思が明確でない場合、家族の合意だけでも移植ができる改正法は、
脳死者からの移植を容易にするものでしかありません。

脳死者は生きています。

その体から麻酔なしで臓器を取り出すことは、人体実験をやったと言われる731部隊とどこが違うのでしょうか?
脳死者は体を動かすことができないだけで痛みを感じています。
そこから心臓や肝臓、腎臓と平気で取り出せる医者は狂気の沙汰としか言いようがありません。

脳死臓器移植の考え方には唯物的な思想が流れているのです。
しかし人はあくまでも肉体と魂によってできています。
人の死とは体と魂のつながりが切れた時に訪れます。
科学が発達して霊的な存在がすべて否定されたのなら、その科学は万能ではありません。
最先端の科学は霊的世界の存在を予告しています。

それを解き明かしてこそ科学はさらに高度なものになり得るのです。

再生医療もその仕組みの中には霊的世界の真相が隠されています。
それを見落とした時、脳死臓器移植と同様に唯物的なものになってしまう危険性を孕んでいます。
医療もまた唯物的な始祖に染まってしまるてはいけないのです。

それでも再生医療は、脳死臓器移植に比べてはるかにまともな医療です。
再生と循環は宇宙を統べる原理です。
そしてその原理は神仏から流れ来ることもまた事実なのです。
神仏の意志無くしてこの宇宙も生きとし生けるすべての存在もあり得ないのです
米軍基地に出ていかれては本当は困る沖縄県民。
その理由は、産業に乏しい沖縄では基地経済への依存度が大きいからだ。
米軍基地で働いている人はもちろん、反対を叫んで金銭的補償を求めている人にとっても、
今の沖縄には米軍基地はなくてはならない存在だ。
それでも現実に騒音問題、治安等の面で不安があることも事実だろう。

この問題を解決するには、沖縄丸ごと都市開発してしまうのだ。
米軍基地と都市とを機能的で効率に結びつける配置に丸ごと変えてしまう。
当然国家プロジェクトだから大きな公共投資として国家予算が動く。
その中で沖縄県民のための新規の産業の創出まで一気にやってしまうのだ。

恐らく県民に十分な収益と、米軍基地との適度な距離感が保てれば
基地問題は解決に向けて大きく動き出すはずだ。
もちろん米軍基地の隊員家族と沖縄住民の交流の場もきちんと設ける。
婦女暴行事件の大半は言葉が通じないことから来るコミュニケーション不足が、
原因になっていることが多いと聞く。

現在も基地のある地元では年に数回交流米軍基地の隊員家族と交流を持っているという。
ならば普段から交流を盛んにして、意思の疎通を図るのも一つの手だ。
沖縄を南国らしい近未来都市へと変貌させれば、沖縄の発展も見えて来る。
人が不平不満を口にする時はやり場のない閉塞感が心に満ちている時だ。
それを感じさせないほどの都市づくりが出来れば、沖縄の米軍基地問題など吹き飛んでしまうだろう。
沖縄の発展がやがて日本全体の発展につながるかも知れないのだ。

食料危機と温暖化に立ち向かう、ミドリムシパワーに迫る!
web R25 7月15日(木) 10時 5分配信 / テクノロジー - テクノロジー総合
昨年末、日本科学未来館の「‘おいしく、食べる’の科学展」で話題を呼んだ「ミドリムシ(学名:ユーグレナ)」のクッキー。人気を受け、日本科学未来館で販売が継続されており、現在では通販でも評判だとのこと。なぜ今、ミドリムシがこのように脚光を浴びているのか、世界初のミドリムシの屋外大量培養に成功し、研究開発を進める株式会社ユーグレナの浅岡良彦さんに話を伺った。

「ミドリムシは『ムシ』と名前に付きますが、実は、動物と植物の両方の性質を持った光合成をする『藻』の仲間なのです。含まれる栄養素は、肉、魚、野菜などに含まれるビタミン、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、59種類と豊富。さらに、植物の特徴である、細胞の『細胞壁』と呼ばれる硬い殻がないため、人体が栄養分を吸収しやすいのもポイント。小麦粉や卵などとも相性が良く、おいしく食べられるので、ミドリムシが含まれた食品が広まれば、食料危機対策としても貢献できるのでは、と期待されています」

ミドリムシがそんなに栄養豊富だとは知らなかった! それ以外にもすごい性質があるという。

「火力発電所や工場から出てきた、高いCO2濃度の排ガスの中でもミドリムシは元気に増えていくという、驚きの特性を持っています。一般的な樹木の十数倍の効率でCO2を吸収できることもあり、温暖化対策にも大きな可能性を秘めています。また、ミドリムシに含まれる豊富な油脂分から、飛行機を飛ばすことができる『バイオジェット燃料』の研究も始まり、現在プロジェクトが進行中です。石油価格の高騰などもあり、バイオ燃料への期待は年々高まる昨今。他のバイオ燃料のように、トウモロコシなどの食料を、燃料か食料、ふたつの用途で競い合ってしまい、結果、価格が上昇するといった心配が少ないうえ、培養スピードも速いミドリムシは、期待の新燃料といえるのではないでしょうか」

ほかにもミドリムシの豊富な栄養素を生かした化粧品が販売されていたり、家畜の飼料としての開発が進められていたりと、汎用性はとても高い。ミドリムシ、小さいながら偉大な力を持ったヤツなんですね。
(伊藤 裕/GRINGO&Co.)


食用にミドリムシ。
ミドリムシが食べられるのをは初めて知った。
含まれる栄養素も59種類と豊富で人体に吸収しやすい。
もちろんそのまま食べるわけではなく、他の食品に混ぜて食べる。
その屋外大量培養に成功したことで、可能性アが一挙に広がっている。
食糧危機対策としても期待がもたれているからだ。
10億人を超えるともいわれる飢餓に苦しむ人々をミドリムシが救うかもしれないのだ。

それだけではない。
植物としての性質も持つミドリムシは、樹木の十数倍の効率でCO2を吸収することから、温暖化対策としても利用できる可能性があるのだ。
それだけではなくバイオ燃料としても期待できるという。
エネルギー資源を持たない日本にとってこれほどありがたい話は無い。
世界で一番省エネ技術の進んだ日本ではCO2削減量を増やすと言っても、その上限幅は限られている。
25%という他国に抜きんでた削減率は、常識で考えると、はなからあり得ないのだ。
その無理難題も、他の削減技術とミドリムシを組み合わせることで達成できるかもしれない。
日本国内の製造業にとっては朗報だ。しかも途上国にその技術を輸出すれば世界全体のCO2排出量削減に貢献することも出来る。

またミドリムシの栄養素は化粧品にも使われ、家畜飼料の開発も進む。
汎用性が非常に高いのだ。

もしかしたらミドリムシは、温暖化と飢餓から世界を救う救世主になるかも知れない。
核のない世界ならぬ核が使えない世界へ
 古代の昔から戦争兵器は最強の攻撃武器には、最強の防御兵器が開発され、さらにそれを上回る最強の兵器が作られると言うイタチゴッコを繰り返してきた。まさしく中国の故事における矛盾の世界である。
その果てに造り上げられたのが核非平気である。今のところ人類はまだそれを上回る防御兵器を持たず、核に対する抑止力は今のところ核しかない。
そのため人類は地球を何度も破壊できるほどの核兵器を持つに至ってしまった。
その反省から出てきたのが核軍縮、核廃絶の動きだ。 世界は核兵器廃絶に向かっている表向きはそういうことになっている。
しかし世界を見渡せば今出紛争の種は尽きず、本当に核を廃絶しきることができるかどうかは疑問が残る。
中国やイラン、北朝鮮のように真っ向から廃絶の動きに逆らう国は厳然とあり一口に核廃絶と言っても、現実には抑止力としての核兵器はそう簡単には無くせないだろう。
日本のように隣国から非常に数多くの核弾頭を自国に向けられていながら抑止力としての核兵器を持ち得ない国にとって、アメリカの核の傘は非常に重要な意味を持つ。
しかしもう一歩進めて自力で自国を守り抜く力を保持しようと考えた時、考えられることは核兵器を無力化する技術だ。
これは何も奇想天外な話ではなく、現実に研究sれているらしい。簡単に言ってしまえば核兵器の爆発タイミングをずらして核反応を起こさないようにするものらしい。
実現しないのは膨大なコストがかかるためだと言う。
しかし、もしそれが実用化できれば実は中国の核の脅威は微塵と消える。
出来ればコストの面を早期に解決し、一日も早く出来ればこの日本で実用化できることを願うばかりだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。