木もれ陽散歩道 写真館
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日新聞社


朝日新聞社
TKY201006130302.jpg

読売新聞社
20100613-787567-1-L.jpg
日本国民に自信と誇りを与える報道を
  新聞大手3社による大気圏突入時の「はやぶさ」写真、見比べてみると3社の「はやぶさ」の帰還に対する思い入れ評価が分かります。
一番いい加減なのが毎日新聞の写真。軌跡の後ろ半分しか映っておらず、それを採用しているところに日頃反日的な記事の多い毎日の性格を見る気がします。
次に朝日新聞の写真。きちんと全体を捉えているところに一応自覚を感じます。しかし露出を拓き過ぎているのか、星空らを強調したかったのか全体として明るくなり過ぎているのがどうも頂けません。毎日と同様に日頃反日的な分撮影の詰めが甘くなっているのでしょうか?
最後に読売新聞の写真。露出も適性で被写体である「はやぶさ」が暗い夜空にはっきりと浮かび上がり一番見やすい出来上がりになっています。
他の2社に比べて反日色の薄い読売が、エースカメラマンを投入した成果と言えるかもしれません。

 世界で初めての探査衛星の地球帰還は日本の宇宙開発の明日を拓くものであり、大きな成功であることは間違いありません。
写真一つにもそれを砂をに喜べない姿勢が出ている新聞社とは一体どういう存在でしょうか?
特に素人のような写真を平気で公開した毎日に、報道機関としての矜持はあるのでしょうか?
はやぶさ」の帰還は日本人として感動を共有すべき歴史的な出来事なのです。
自身を失いつつある今の日本にとって自信と誇りを取り戻しきっかけとなるような報道の姿こそが真の報道機関のあるべき姿ではないでしょうか?
スポンサーサイト
2009.12.24 ピクスタ
画像 650-L
http://pixta.jp/@tkworks/buy/
pixta HP

今年の秋、『太閤山ランド』内にある「子ども未来館」という遊戯施設で子供を遊ばせるために出かけました。

この時期「影」をテーマにした写真に興味があったので色々な物の影を中心に写真を取っていたなかの一枚です。
いまいちの出来ですが、pixtaという写真販売が出来るHPに一応登録してあります。膨大な写真の中に埋もれてしまって閲覧にもかかりません。
もっと写真の腕も上げたいのですが閲覧してもらえなければ意味がないので悩んでいる最中です。
興味のある方写真の腕に自信のある方は一度覗いてみたらいかがでしょう。
2009.09.29 寝顔
【我が家のおチビの寝顔】
逕サ蜒・320edit_convert_20090929082336

最近自分の撮った写真が販売できるというサイトを見つけました。
PIXTAと言うサイトです。
早速登録すると、何とまず写真の技術審査がありました。
当たり前と言えば当たり前なのですが、商品として販売に耐え得るレベルかどうかは当然チェックされるのです。

一度に三枚、全部で15まで提出出来て3枚合格すれば販売が許可されます。
販売が許可された後も販売したい写真についてはそのつど審査がありそこでOKが出て初めて販売することができます。
これには最初の三枚で2枚の合格、次の3枚で2枚合格で規定の3枚を超え審査を通過しました。
ですが当然店に並べた商品が必ず売れるわけではないように販売しているからと言っても必ず売れるわけではありません。
検索の上位に出てこなければ滅多に人目にも触れないのです。

人と同じレベルの写真を撮っていては駄目だと言うことです。
創意工夫は必ず必要になります。

ちなみに上の写真は渡すが審査用に盗ったものですが審査で合格しても子どもの寝顔お写真は販売べースでは山ほどあります。
この写真が販売の審査も通るのか疑問でしたので、試しに審査に出して見たら販売の審査は通ったようです。

ですが検索では全くと言っていいほどかかりません。
やはり何か工夫が足りないようです。
元々半ばテスト的な登録だったのですが誰の目にも止まらなければ評価も得られません。
難しいところです。


http://pixta.jp/@tkworks/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。